Tel: 03-3793-3993

Fax:03-3793-3993

mikako@bourgeonjp.com

Atelier: SHINAGAWA-KU TOKYO

© 2013 by bourgeon

  • White Instagram Icon

Instagram:

bourgeon.flower

Profile

花や自然を愛する両親のもと、自然豊かな東北岩手の地で育つ。

大学卒業後、全日本空輸株式会社CAとして入社。

 

退職後、札幌・東京・京都・滋賀にて、ブライダル花装飾、

インストラクター、花企画、フラワー教室運営に携わる。

 

仕事のかたわら、2008年4月 大学院に入学。

産業技術大学院大学 創造技術専攻学科にて、デザインを学ぶ。

2010年3月 大学院卒業。創造技術技工士 専門職学位取得。

 

2010年10月  六本木アカデミーヒルズ主催 高島塾入塾。

株式会社BALS(Francfranc) 代表取締役社長 高島郁夫氏 のもと、

様々な各分野のプロフェッショナルな方々から学びながら、

横浜APEC2010、東北震災復興イベント、

メルセデスベンツカフェ、ANIE Froral&Deco 京都店立ち上げ等、

多くの企画・制作に携わる。

 

2013年6月 株式会社BOURGEON 設立

2016年 FRANCK MULLER (フランクミューラー)広告撮影を手掛ける。

https://www.franckmuller-japan.com/brandstory/movie/

株式会社BOURGEON 代表取締役
​Mikako Ishikawa
Flower Designer & Creative Director

BOURGEON

社名「ブルジョン」とは、フランス語で”新芽” "つぼみ” という意味です。

 

厳しい冬の寒さを経て、長い眠りから目覚める、新しい息吹の誕生の時。

ふっくらとした "つぼみ” は、人間の赤ちゃんと同じように、

たくさんの可能性を秘め、エネルギーに満ちあふれています。

赤ん坊の生まれたての純粋な心や存在は、

誰の心も、ほっこりさせてくれます。

 

なぜか微笑んでしまう

気づいたら穏やかな気持ちに

「ブルジョン」は、そんな陽だまりのような存在でありたいと思います。

 

花を通じて、そっと穏やかな空間、微笑みをお届けする事が、

「ブルジョン」の使命と考えております。

お花の道へのきっかけ 

それは幼い頃から一緒に暮らしていた祖母の最期のとき。

マザーテレサにそっくりな美しい瞳でした。

7月7日 七夕。祖母の納骨。

庭の紫陽花や白百合を摘んで、お花をたむけようとした時、

すべての花粉をとったはずなのに、花粉のついた白百合が一輪。

たった今、咲いてくれたのでしょう。

 

​祖母の死が悲しくて仕方がなかった心を、

白百合を通じて、祖母が身体なくとも、今ここにいる。

​その花が、祖母の死を受け入れることに導いてくれました。

生まれてきてくれてありがとう。

父を生んでくれてありがとう。

一緒に暮らしてくれてありがとう。

大きな感謝と安らぎの心へと変えてくれました。

 

そして遺品の整理。

祖母のタンスから、私の写真と一緒に1万円札が2枚。

母がそっと手渡してくれました。

「これはおばあちゃんからの最後のお小遣いよ」


〜 一粒の種が地に落ちて、死ねば多くの実を結ぶ 〜

 

私は何か意味のある事に使いたくて、

そのお金を入学金に、花の資格をとりました。

​そして、いつしかお花の世界で仕事をするように。

 

そして、想うのです。

志事(しごと)

懸命に生きた、お一人お一人の尊い人生の最期を

​その故人の方らしいお花

ご家族の心を、そっと

少しでも少しでも癒してくれるお花とともに、

美しい最期を送ってさしあげたいと。

“花の送り人” として。